スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2クール目始まりました

2クール目始まりました。
1クール目とは違い、エルプラット点滴後、15分くらいしたらすでに
腕が痺れ、1時間経つ頃には、温めてもらっても、かなりの痺れと痛みに
耐える感じでした。

点滴が終わった時点で、1回目よりも腕全体が痺れ痛みも強く、のどが
締め付けられて、声が上手く出ないし、冷たい風にあたると、やはりのどが
締め付けられて少し呼吸しにくい。

常温のお茶でさえ、のどが締め付けられる。

夕食後から、軽い胸やけも感じています。

寒くなったせいか、2回目のせいか、明らかに1回目より、
副作用の反応がはやいです。

恐るべし 抗がん剤!!!(笑)

T先生に、休薬期間中にあった頭痛について相談しました。
この頭痛は、いつも夜になると、こめかみから目の奥にかけて、
吐き気とともにかなりの激痛で、一晩苦しみます。
明け方になると、痛みが治まり、なんとか翌日には回復・・・といった感じです。
1か月から1か月半に1度くらいの間隔で起こります。

T先生から・・・
副作用とは考えられないけど、定期的に起こるなら、偏頭痛かもしれないと思う。
そうだったら、薬で軽くなるから、神経内科で診てもらおうか?
診てもらうなら、手紙書いておくから。
痛みは何の得にもならないから。薬で治るならその方がいいと思うけど?
どうしようか?

ということで、この偏頭痛は何年も前から悩まされていることなので、
お願いしました。

腫瘍マーカー:CEAは、またもや誤差範囲で、先回、9.6→11.3で上昇。
T先生からは・・・
これも、誤差範囲だから。
8.0が20.0になったら、ちょっと考えないといけないけど、この差なら誤差として。
評価は、CTで行おうと思ってるから、3クール目が終わったらCT撮りましょう。

ということでした。

マーカー値が微妙ながらも上がっているのは気になりましたが、T先生が
そう言って下ったので、少し安心・・・・。

化学療法室の看護師さんにも先回の副作用のことを話しました。

最初の1週間は嘔吐まではなかったけど、倦怠感や吐き気は結構あったことを伝えると
吐き気止めを試してみてもいいかも と言われました。
嘔吐がなくても、だるかったり、気分が悪いと何もしたくなってしまってしまうなら
飲んで楽になれたらその方がいいと思いますよ と。

T先生も看護師さんも、痛みや精神的な辛さは、できるだけなくしていきましょうと
いうことです。
治療のあり方も、苦しい治療に耐えるよりも、やはり、生活の質(QOL)を何よりも
大事するというあり方に変わってきているようです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。