スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用ウィッグ

人が、恐れたり不安に思うのは、何が起こるかわからないからです。

もし、何が起こるのかが、ある程度、わかっていれば心の準備ができます。
そして、それが起こった時にも、「あ~これなんだ」と受け止めやすくなります。

私の場合も、抗がん剤の副作用がどのように起こるのか。
不安でたまらなくて、本を読んだり、インターネットで調べたり、
がん患者の方のブログを拝見したりしました。

いろいろと情報を手にしていくと、不安も少なくなります。

ということで・・・
今日は、2つのお店に医療用ウィッグを見に出かけました。

私が受けるXELOX+アバスチン療法では、比較的脱毛は緩やかと言われています。

乳がんの方が受けられる抗がん治療では、脱毛が数週間で起こり、1か月ほどで、
すべての髪が抜けてしまうそうです。
そして、髪だけでなく、眉やまつ毛も・・・です。
女性として、本当に辛いことです。

そう思うと・・・私は幸せかもしれない。

とはいえ・・・悩んでいるとどんどん悪い方へ考えがちになるもの。
今後のことも考えてとお話を聞きに行きました。

1件目のお店は、スヴェンソンです。

おしゃれ用ウィッグも取り扱っています。明るくきれいなお店です。

個室も用意されていて、案内されました。
そして、脱毛時のケアの仕方や医療用ウィッグを選ぶポイントを親身になって説明して頂き、
実際に、数種類のウィッグを試着させてもらいました。

最初は、やはり、鏡に映るウィッグをつけた自分に違和感がありました。
「なんか・・・やっぱり、変・・・。いやだなぁ・・・」と顔を曇らせていました。

が・・・いろいろと試着しているうちに(結局、ショートからセミロングまで6つくらい)
鏡の中のウィッグをつけた自分の顔に見慣れてきたのか、
「おっ、いいじゃん」と思えるようになり、鏡の中の自分が笑っていました。

スタッフさんも「そうなんですよ。着け慣れてくると、ご自身で着け具合もわかってきて
違和感もなくなるんですよ。私もウィッグをつけてらっしゃるお顔を見慣れてきましたよ。」
と言われました。
「ホント、そうですね~」と、おかしくてふたりで笑ってしまいました。

久しぶりに、“おかしくて”笑いました。


ウィッグは、セミオーダーメイドで、原型から、その人スタイルに合わせてカットしながら
作るそうです。ちゃんとつむじもあって、毛質も、見た目にはウィッグとはわかりにくいです。
ただし、触ると、やはり、つるっとした感じがあることと、自髪をかき上げた時の
ふぁっ~とした感じにはなりにくかったです。

でも、髪の流れや巻いたウェーブ感もありました。
人工毛ミックスなら、形状記憶されているそうで、お手入れも簡単で洗ってももとにもどるそうです。
(人毛100%のものは、自髪と同じなので、ブローが必要になります。)

だから、今の髪型にあわせた感じができあがります。
脱毛の状況に合わせて、ウィッグのサイズ調整サービスや、脱毛中の自髪の
カットスタイリングなど医療用だからこそのサポートも充実していました。
ただ・・お値段は25万くらいとかなり高額です。

もう1件は、anです。

ここは、普通の美容室の小さな別室でした。

スヴェンソンで、概ね何を確認したらいいかわかったので、説明も簡単に済ませていただき
ここでも、試着させて頂きました。
説明は、美容室のスタイリストさんがして下さりました。
ウィッグそのものは、スヴェンソンのものと同じような感じでした。
ただ、着けた時の着け心地が違いました。
お値段は、12万くらいで、スヴェンソンの半分くらい。

試着だけでは、2つのウィッグの何が違うのか・・・今は、あまりよくわかりません。

やはり、1日中着けた時の装着感や、どのくらいの期間使うのかによるお手入れの手間や
ウィッグ自体の寿命など(2年くらいの寿命で作られているそうで、それ以上になると、
やはり、痛んでくるそうです。)、日常生活の中で、長く使ってみないとわからないと思います。

でも、医療用ウィッグとはどんなものなのかを体験することができて、安心して帰ることができました。

そして、何より“おかしくて”笑えた自分がとても嬉しかったです。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。