FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途一心

今日は、CT検査でした。
どうも、検査が近づくと、あれこれと良からぬことも考えてしまい、
気持ちが不安定になるようです。
結果は、次回の抗がん剤治療の外来受診時になるので、それまでは、
なんとなく気がかり・・・が続きそうですけど、気持ちを切り替えていかなきゃ。

27日の日曜日には、かつて一緒に学んだ心友仲間4人 Yさん Mさん Tちゃん 
Yちゃん と Yちゃんの愛娘 Tちゃん 4歳 とお伊勢さん参りに行きました。

昨年12月に初めて伊勢神宮に参拝に行きました。
その時は、参拝客も少なく、初冬の静けさの中、粛々と参拝したのを覚えています。

今回は、初夏の日差しの中、参拝客も多く、観光地のような感じでした。
参道の緑は生き生きと輝き、生命力に満ちていました。
私は、12月に参拝してから、少しずつ、副作用も軽減し、2月には腫瘍も
見えなくなりました。
今は、こうして職場にも復帰できるようになりました。
本当に感謝です。

12月の参拝時には、病を除けるために厄除けのお守りを買いましたが、
今回は、開運のお守りを買いました。

新しい人生を元気に切り開くために。

「一途一心」という言葉があります。
一途一心(いちずいっしん)とは「ひたらすら、ひたむき」ということで、
あらゆる道、あらゆる事を成し遂げる上で、欠かすことのできないことだと思います。

この言葉は、天皇陛下の心臓バイパス手術の執刀医として、東大の医療チームより、
その卓越した技術と実績が認められ呼ばれた心臓外科医・天野 篤氏が
いつも胸に刻んでいる言葉。

(以下、NHK番組 仕事の流儀プロフェッショナルより)
天野心臓外科医の年間手術件数は、400件、手術成功率98%、
手術の鬼と評される。

一瞬のミスが、患者の命を奪ってしまう。”手術できないと思うのが、悔しい。
とにかく闘う。”と、いいきる天野。
月曜日の朝に勤務先の病院にむかい、土曜までそこで泊りこみ、家に帰るのは
日曜という生活を、もう30年以上続けている。

天野のもとにやってくる患者は、他の病院で難しいといわれた患者が多くやってくる。
病院のベッドは、常に満床である。手術用の血管は、体内に9本あるという。
それを使って、バイパス手術を行う。天野の手術法の一つに、「オフ・ポンプ」と
いわれる手法がある。
心臓を一旦とめて人工心肺にきりかえることなく手術をするもの。
それによって、患者の負担も少なくする。

しかも天野が使う針は、通常の半分のもの。それを使うと、理想的な縫合ができる。
細やかだけれど、絡みやすく、扱いが難しい。だから、他の医師は、使いたがらない。
天野の手術の時の姿勢はつま先立ち。上半身から余計な力を抜いて、
心臓と自分のリズムを合わせる。

天野の手術成功率98%を支えているのは、緻密な仕事の積み重ねと、患者の
血管に徹底的に向き合う姿勢にある。決して、妥協をしない。
細かな縫合作業も、“何十年持ってくれるように”作っていく。
毎日、病院に泊まり込み、手術する患者のデーターを読みこむ。

考えられることの全てをシュミレーションする。たまたま上手くいくこともある。
しかし、天野は、“上手くいく必然性をつくる”というこだわりをもつ。

以前は、難しいといわれた超高齢の患者の手術の道を、天野はひらいた。
手術に求められるのは”スピード”。患者の体への負担を出来るだけ減らし、
患者の命をのばすだけでなく、生きる喜びを取り戻してあげる。
自分の技術を引き出す。

妥協することは、「命」に妥協することだと、天野は強くいった。

これからも天野は、どこまでも自分に厳しく、決して後悔しないように、
妥協は一切許さない。命をかけてやってくる患者のために、おごることなく、
自らの技術の向上をもとめて、愚直に前に進む。

なんとなく起きて、なんとなく食事をし、なんとなく仕事をして、
ぼんやりと一日が終わる・・・。

なんとなく生きる・・・そこには生きている証はあるのでしょうか。

ぼんやりとではなく、鮮烈に人生を生き抜くには、この瞬間を必死に生きること。
私は、自分に与えられた目の前のやるべきことに、「一途一心」に
取り組んでいこうと思います。

薬箱に中の12クール目の薬もあとわずかになりました。
なんだか ちょっと嬉しいです。

私は、クールの最初に薬を飲むときには、「2週間よろしくね」と言います。
そして、最後の薬を飲む時には、「ありがとうね」と言います。

今夜も 抗がん剤ゼローダ君は、私のからだの中で、がんと闘っている
ありがとうね。
 


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。