FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術が決まるまで

6/29 外科担当主治医が決まる

朝の内科主治医の回診時、手術の担当医師と日程が
だいたい決まったと言われる。

午後から、婦人科の外来で診てもらっていた医師がきて、
現状の説明を受ける

今回は、卵巣の腫瘍は手術して診ないと、
がんかどうかわからない。
画像で見ると、確定できませんが、大腸の腫瘍が、
がんの原発かもしれない。

外科とも話し合って、今回は、外科が担当して手術して
もらうことになりました。
ただし、卵巣が原発であるかもしれないので、
術後の治療を考える上にも

私と婦人科の医師も手術に立ち会います。
卵巣の手術は、外科に行ってもらいますが、
手術のスペシャリストなので
大丈夫です。安心して下さい。

日程は、少し先になるようで、
7月の第2週くらいを予定しています。
また、外科の担当医師から説明があると思います。

夜になり、その外科の担当医師が病室にあいさつに来られる。

僕が手術を担当することになりました。Tです。
(んっ・・・また若い!しかも、なんだか、医療ドラマで
出てきた外科医師みたいに無精ひげが・・・大丈夫かしら。)

病気については、内科の先生から聞いていると思うけど、
やっぱり手術が必要です。
大腸のがんと卵巣の腫瘍を、お腹を開いて、
切り取ることになります。

手術は7/12を予定しています。
もっと早くやってあげたいけど、他の人の予定もあって、
7/12が一番早くできる日です。

いろいろ説明したいので、家族の人と時間を合わせてもらえますか?

「はい。わかりました。」

7/1 にICを受けることになりました。


7/1 手術のIC

手術のICを外科主治医より受ける。
手術の内容に加え、麻酔や輸血への同意説明もあり。

卵巣の腫瘍が大きいため、開腹手術となります。
結腸のがんは、前後10cmくらいを切って縫いつけます。
卵巣の切除は、片方だけですむと思います。

(術後の合併症や経過のリスクの説明もあり。)

癒着しないように、まず、大腸の機能を戻して、
食べてちゃんと出せるようにすることが一番大切。
そして、体力を回復する。
その後の治療については、診断が確定してから考えましょう。

術後は、翌日からリハビリをします。
23日のお母さんの法事には、10日あるので、
たぶん出かけられます。
かなり痛いけどリハビリを頑張ってもらわんとね。

今回の手術は、がんを切除するということはもちろん、
結腸と卵巣のがんを術中に病理検査に出して、
診断を確定するためでもあります。

手術は、がんを切除するだけでなく、
診断を確定するためにも必要ですから、
手術はした方がいいですよ。

手術しましょう。

「はい。わかりました。お願いします。」

まずは、がんを取り除くという治療法には、納得できたし
自分としても望む治療であったので、同意しました。

術後の確定診断がでたら、セカンドオピニオンを
受けたいことも伝えました。
外科の主治医と、話すのは今日が2回目。

3日ほど前に、病室に来て「僕が手術を担当します。」と
あいさつに来られて、その時に、今回のICの日程を
決めてもらったわけですが、10分ほど話をしたくらい。

主治医の説明や診断に不満があるわけでも、
信頼できないわけでもありません。
(というより、信頼する・しないの関係にも至っていませんけど。)

複数の医師からの診断結果や治療に関する方針を聞いた方が、
自分の治療に関する選択肢が広がると思ったのです。

だから、入院した時から、セカンドオピニオンは
利用するつもりでいました。

主治医は、一瞬、驚いたような顔をされたようにも見受けましたが
「わかりました。どこの病院にするか決めていますか?」
「はい。A大学病院です。紹介していただける先生がいらっしゃるので。」
「んじゃ、また、その時は教えてください。準備しますから。」
「はい。」

これからの治療においても、私は医師からの
(一方的)指示や提示だけでなく
自分が主体となっていたいと思います。
私自身が、主導権を持っていたいと思います。

病気を向かい合い、ともに生きていくのは、私自身ですから。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。