FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から1年

あの日から1年が経ちました。

未曽有の東日本大震災・・・
一瞬にして多くの尊い命が失われたあの日・・・
そして、多くの方が 大切なものを かけがえのない思い出を
愛する人を 失ったあの日。

私も 午後2時46分 黙祷を捧げました。

今も被災地は・・・鎮魂の祈りに包まれています。

助かるための被災場所にさえ、容赦なく津波は襲いかかった。
ここなら大丈夫と逃げ込んだ避難場所で、命を失うことになるなんて・・・。
何のために逃げ込んだのか・・・

自ら命を絶った酪農家の方・・・原発により酪農を
続けることができなくなった。
「残った酪農家の方、頑張ってほしい」と壁に書かれた最後の言葉。
まさに、原発の悲劇。

そして、自衛隊は、救命のための物資さえも流され、
何もできないまま立ち尽くす。

TVで放映された自衛隊幹部の方の言葉。
「瓦礫は捨てろ。砂は捨てろ。そして、思い出は掘り起こし、きれいにせよ。」

小学校の瓦礫の埋もれた写真や教材を掘り起し、砂を丁寧に拭い取る自衛官。
目には涙。この自衛官も愛おしい子供を失った被災者であるのかもしれない。

悲しみよりも、悔しさ、やりきれない思い・・・
未だ解体作業もままならない被災地。瓦礫処理も一向に進まない。
生計の目途さえ立たない被災者の方も多いという。

同情や共感ではなく・・・
「被災された方々のために、私に何かできることはないか」

そう思うことが何度かありました。
わずかながらの義援金も何度か送りました。
スーパーやコンビニのお釣りは、いつも義援金箱へ。

ボランティア活動をしている友人からの誘いもありました。
でも、治療を受けている自分のからだにも不安がありました。

本当に、私ができること 私がしなければいけないことは何か?

そう考えた時、まず、自分が、後悔しない選択をして生きていくこと。
こうして、生きていることに感謝して、生きることを全うすることが
、今、私にできること。

ただ生きていくのではなく 本気で生きていく。
後悔しないで生きていく。

誰かのせいにしたり 何かのせいにしたりして生きていくのではなく
自分で自分の生き方を全うするように 生きていく。

だからこそ 「そのために 今日できることは何か?」
そんな問いを自分に投げかけ、その答えを見つける毎日です。

長淵剛さんの 「愛おしき死者たちよ」 心に響きます。

決して絶望をなげくんじゃなくて 
深くみつめてゆくものだ
悲しみを 抱きしめる覚悟があるから 
俺たちは生きてゆけるのさ
決して 希望などたやすく信じるな 
生きてゆくのがみっともなくなる 
苦しみを抱きしめる覚悟があるから 
俺たちは涙を流して立ち上がる 

甦れ 愛おしき死者たちよ 100年かけてもねむるんじゃないぞ 
無言の痛みと無念の怒りたちで 
貧弱な俺たちの胸を 叩き続けてくれ

 あぁ そして俺たちは またこぐ船 あの海に立ち向かい 船をこぐ 

床に はいつくばり唇を噛んだら 
命の行き場を探すものだ
悔しさを 抱きしめる覚悟があるから 
俺たちは 優しくなれるのさ
ただいたずらに ひけらかすな 
優しさを なおさら無力に思えるから
何もかも抱きしめる覚悟があるから
俺たちは 生きてゆけるのさ

甦れ 愛おしき死者たちよ 100年かけてもねむるんじゃないぞ 
無言の痛みと無念の怒りたちで 
貧弱な俺たちの胸を 叩き続けてくれ
 
あぁ そして俺たちは またこぐ船 あの海に立ち向かい 船をこぐ 

震災の悲しみを抱きながら・・・
明日への決意を新たに抱いて生きておられる被災者の方々。

私自身も、明日への決意 そして 覚悟を抱いて生きていきたい。

明日から9クール目
エルプラットの蓄積毒性による慢性症状が出始めました。

100mg/回 8クールで 蓄積量800mg エビデンスでは、
蓄積量700~800mg/m2を超えると慢性の末梢神経症状の発現リスクが
高まり、使用中止となることが多いとか・・・まさに、エビデンス通り。

両手の指先が、寒冷に関わらず、常時、痺れて感覚に違和感があります。
エルプラットの休薬について、T先生に相談しようと思います。

効果が出てよくなったからの休薬ではなく、からだへのダメージが強くなり、
使えなくなったからの休薬・・・複雑な気持ちです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。