スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちが沈んでも

昨日は、仕事の出張で近郊まできた友人に会いにいきました。
2時間ほど、お茶をしながら、今の自分の気持ちや
これからの治療のことなどを話しました。

気持ちは落ち着いていました。

でも、帰ってきてから、治療に関する本を読んだり
インターネットで情報検索しているうちに・・・
気持ちが沈んできました。


私のような大腸がんから卵巣への転移の症例は
あまり情報としてはみあたりません。

転移の多くが肺転移・肝転移です。
それゆえに、再発率や生存率などの数字が統計上の確率と
わかっていても、その数字に一喜一憂します。

日によっても、1日の中でも、気持ちは揺れ動きます。

ただ・・・私は無理に
前向きに考えよう とか
落ち込まないようにしよう とは
思わないようにしています。

辛いのは当たり前
悲しいのは当たり前
心苦しいのは当たり前

だから、泣きたい時は思いっきり泣くようにしています。
辛い 悲しい 苦しい と思ったら・・・
今、私は辛いんだ 悲しいんだ 苦しいんだ 
だけど、それはそれでいいんだ 無理しなくっていいんだ

そう思いながら、自分の感情と向き合っています。

中途半端に、その感情を抑えて、無理して振り払っても
すぐに抑えた感情に押しつぶされます。

しっかり感情と向き合えれば・・・
自ずと、ドン底の自分から這い上がってきます。

今日は・・・少しお腹の痛みもありました。
からだも少し疲れた気がします。

それから、大学病院でのセカンドオピニオンの日程が
8/10に決まりました。
どんなことを医師から言われるのか・・・
そう思うとやはり不安が大きくなります。

セカンドオピニオンの後、8/15日の公立病院の主治医の
受診があります。

抗がん剤治療について行うかどうか・・・
決めなければいけない時も迫ってきました。

だから、気持ちも沈んでしまっているのかしれません。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくらのように

Author:さくらのように
仕事にやりがいを感じながら、日々、懸命に生きてきました。
でも、ある日、進行がんを告知され、これからの人生を
がんと向き合いながら、どう生きていくか・・・

何かに向かって懸命に生きるというこは
たとえ、それが叶わなかったとしても
誰かの生きる希望や力になれる

そう信じて・・・。

心からの笑顔いっぱいに生きていきたいと思います。

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。